男性作業員

地球環境を守る取り組み!改正フロン法のマニュアルを入手

このエントリーをはてなブックマークに追加

無料で知識が深められる

男女

マンションの経営を遂行する場合、建物の質感を一定にしなければなりません。大規模修繕をやる場合、外壁塗装だけやればいいと思う人もいます。東京のセミナーに参加すれば、塗装以外ではどんなことをすればいいのか把握できます。

Read

内訳を記載しているか

女の人

テナントを借りてお店を経営する人がいますが、諸事情により閉店をしなければならなくなったら、現状復帰のことを考えなければなりません。そこで、専門業者の中で、適切なところはどこかを見極めるためのポイントを知っておきましょう。

Read

排出量は適切かどうか

男性女性

店舗によっては、冷凍機器や空調機器を導入しているところがあります。冷凍機気なら、何かしらの商品を長期的に保管するために導入しているところがほとんどでしょう。空調機器の場合は、室内空間を心地よい環境にするために導入していることもありえます。あるいは、何かしらの物品を乾燥させて長期保存が出来るようにするために利用していることもあります。店舗で扱う商品を適切に保管、あるいは室内空間をより良い環境にするためには冷凍機器や空調機器は必要不可欠であるのは間違いありません。しかし、重要な冷凍機器や空調機器はフロンというガスを利用されていることが多いです。フロンガスは、人体に与える影響は少ないのですぐに何かしらの公害症状を引き起こすわけではありません。しかし、人体に与える影響は少なくても、地球環境には大きく影響を与えてしまいます。そのため、改正フロン法というものが設定されているのです。もし、冷凍機器や冷蔵機器を業務で扱っている場合、ちゃんと改正フロン法に基づいた排出量を守っているかどうかを、重点的にチェックしておいたほうがいいです。少しでも地球に与えるダメージを減らして、より良い環境を作り出すためには、徹底的に排出量を見ておくのが最適です。改正フロン法に関することは、地域の環境局HPである程度の点検方法が記載されています。あるいは、点検法のマニュアルがPFDやエクセルでダウンロードが出来ます。それらを参考にしながら、点検をすればちゃんと適切な排出量を守っているのかどうかを把握できます。もしくは、指定排出量をオーバーしていたらすぐに食い止められれます。

徐々に光熱費を下げる

工場

工場では、日々多くの部品製品を製造していますが、その過程で多くの電気ガスといったエネルギーを消費します。省エネを意識したいと思ったら、工場内部のエネルギー消費方法を紹介しているサイトを参考に動いてみるのも悪くありません。

Read